使えない古銭、でも欲しい人がいる!

古銭って江戸時代のお金のこと?

古銭と言うと大判や小判など江戸時代に流通していた貨幣と言ったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
江戸時代には大判や小判以外にも、穴銭と言われている四角い穴が開いている硬貨などもありますし、計量貨幣と言われている目方で価値が異なる貨幣など、古い時代に流通していた貨幣などが古銭と言われています。
また、昭和の初期頃まで流通していた1円銀貨や1円紙幣も古銭に含まれており、現在では使用する事が出来ない貨幣を古銭と呼んでいるのです。
使う事が出来ないのでお金としての価値はありませんが、古銭には集める価値があるコレクション品の一つであり、日本国内だけはなく海外にも古銭を集めるコレクターが大勢いるのです。

発行枚数が少ないものや流通期間が短いものは価値が高いのです

古銭の価値と言うのは発行枚数が少ない貨幣や発行期間が短いものなどはプレミアが付くものが多数あります。
因みに、500円硬貨と言うのは古銭ではありませんが、昭和64年発行の500円硬貨と言うのは発行枚数が極端に少なく、額面の6倍前後の価値を持つとも言われています。
500円硬貨は現行の貨幣ではありますが、500円硬貨のように発行枚数が少ない貨幣、流通が行われていた期間が短いものなどの場合、現存数自体も少ないのでプレミアが付くものも多くあり、コレクターの間で注目が集まっています。
古銭の一つでもある穴銭は、中央に四角形の穴が開いていて、穴の上下左右に1文字ずつ文字が刻まれていますが、同じ種類の穴銭でも、文字の跳ね方などの違いにより数十万円以上の価値を持つものもあります。