一円!それが五千円になるなんて?

額面以上の価格になる理由

貨幣の中には額面以上の価値で取引されるものがあります。歴史的価値がある古銭はその代表例です。それを知らずに処分したり、お金として使ってしまうと損をするので注意して下さいね。
古銭はお金としての取引ができなくなっても文化的価値が高いため、高値で取引されています。中には値段がつかないほど貴重なものもありますよ。コイン収集家だけでなく、歴史研究などの専門家にも人気が高いアイテムです。
このように、たとえ貨幣としてのニーズがなくても、コレクターズアイテムとして需要がある限り、額面以上の付加価値がつくのです。したがって、買取業者や専門家によって取引相場は変化します。もしも古銭の価値を査定してもらう時は、複数の専門家に依頼した方が安心ですよ。

付加価値がつく貨幣の種類

歴史的価値がある古銭だけではなく、現在使われているものでも貴重なものが多数存在します。
基本的な条件は製造数が少なかったり、製造過程でミスが合ったにもかかわらず流出してしまったお金です。特定の年代はさまざまな理由で製造数が少なくなったことがあります。これらの貨幣は収集家の間でも貴重とされ、多くのコレクターが高値を払ってでも集めるアイテムの1つですよ。また、本来中心に開いているはずの5円玉の穴が少しだけズレているものや、通称ギザジュウと呼ばれている十円玉のようなものも希少価値があります。手に入れることが難しいものほど高額で取引されているのです。
以上のような貨幣が額面以上で取引されるケースの一部です。これらの貨幣が財布の中にあった場合は使わずに保管しておくことをオススメします。