そのままでいいんですか?引き出しに眠っているお宝古銭!

引き出しに放置せずに価値を確認しよう

古銭が引き出しの中にあるという場合、ずっとそのままにするという人が少なくありません。というのは、最近まで流通していたものを除き、お金として使うことはできませんし、かといって捨てることは心理的に難しいからです。結果、とりあえずしまっておこうと引き出しの肥やしになってしまうというわけです。
しかし、古銭を引き出しの中に放置するのであれば、価値を確認した方がいいです。というのは額面は50銭だったり1円といったものであっても物によっては数万円で買い取ってもらえるものがありますし、江戸時代の通貨であればさらに高い金額で引き取ってもらえる可能性があるからです。金貨や銀貨以外でも価値の高い古銭はたくさんあります。

眠らせた方が高くなるとは限らない

価値が高いのであれば、引き出しに入れたままにした方が、後々、さらに高い値段で売れるのではないかと考える人もいるかもしれませんが、それはわかりません。というのは古銭の場合、流通量で価値が決まってくるからです。たとえば、現時点で10枚しか見つかっていない古銭があるとします。当然、それだけ数が少ないと価値は高くなりますが、古い家などで新たに1000枚発見された場合、価値は大暴落します。そういったことがあるので、今の値段で売ってしまった方が得ということも少なくないのです。
なので、子孫に引き継いでいくことといった命令を受けていないのであれば、引き出しにしまっておくよりも、古銭ショップに持ち込んで鑑定してもらい、高いようであれば売ってしまうのがいいでしょう。